1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹

ここでは、「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹



評価(5段階評価):★★★★★


著者は、ネットを活用して行政書士で1億円プレーヤーを実現し、

現在は「通販大家さん」を運営する金森重樹氏。


不動産投資本は数多いが、その多くはサラリーマンの

ワンルームマンション投資をすすめるものが多い。

この本は、いきなりフルローンを効かしての一棟買いをすすめる点で異色である。


フルローンを効かしての一棟買いなんて普通のサラリーマンには

発想する浮かばないだろうが、実はワンルームマンション投資より

リスクは少ないと氏は述べる。


その理由については、概ね以下のとおり。


・区分所有では管理会社を勝手に変えたりできないので、機動的な物件の改善ができない。

・融資する銀行にとっては、1億貸すのも500万円貸すのも手間は同じ。

・ワンルーム投資での融資では借入者の年収などが関係するが、一棟買いではそもそも

1~2億円の融資となり、年収なんて関係ない。物件のキャッシュフロー自体が問題となる。

・ワンルームマンションを10個所有する手間>一棟買い だが、リターンは同等



その他の注意事項として、以下のように述べている。

・日本の人口推計は今後減っていくが、エリアによっては逆に増えていくので、

エリアマーケティングをきっちりやって人口が増える地域の物件を集中的に狙う

(安易に首都圏だから安心などと決め付けない)

・表面利回りにだまされることなく、管理費、修繕費、固定資産税、減価償却費、

利払い、などの実際のキャッシュフローからの利回りで判断すること



しかし、一棟買いで1億~2億円の借金を背負い、

運良く利払い後、借入金元本返済後のキャッシュフローが

プラスだとしても、フルローンで組む場合には、

通常物件価格の1.5%程度が手元に残って御の字らしい。


ということは、1億円の物件を買って、手取りは年収150万円程度である。

これを多いと見ると少ないと見るかは人によるだろう・・・


もう少し勉強する必要はあるが、一棟買いなど全くの視野の外だったので勉強になった。



--ここから引用--

カバーの折り返し
融資制度のひずみに気づいた者だけに、富の扉は開かれる―
サラリーマンなら、10年で3億円の純資産を。
事業主なら、数千万円から数億円の担保余力を。
そして捨て身でリスクを負う者には、
1年で10億円つくる破壊的成功を!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
金森 重樹
1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。投資顧問業・有限会社金森実業代表。物件情報の提供から、融資付け、賃貸募集の支援まで行う会員組織「通販大家さん」を運営し、会員が億単位の資産形成をするのをサポート(会員数1万2000人)。読者数10万人のメールマガジン、「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

--ここまで引用--

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近は、金森氏はマンション投資からホテル再生事業にでていってるようですね
http://www.tomagh.com/
ホテル投資もおもしろいかも
2008/09/23(火) 22:33 | URL | 通行人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

確かに、そのようですね。

金森さんの著作は他にも読んでみたのですがかなり面白いです。

コメント返し、遅くなってすみませんでした。
2008/10/05(日) 23:32 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/102-89472c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。