英国好きoldyorkerの日記です。書評・仕事・投資など。
過去記事の一覧です。ご覧になりたい記事からどうぞ。書評は5段階の★の数で表示。

■投資・ビジネス
★★★★★FXの教科書 松田哲
★★★★★インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング 金森重樹
★★★★★1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹
★★★★★普通の人がこうして億万長者になった――1代で富を築いた人々の人生の知恵 本田健
★★★★★ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 本田健
★★★★★藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
★★★★★私の財産告白 本多静六
★★★★★タダで自宅を手に入れるスゴイ方法
★★★★投資で浮かぶ人、沈む人 松田哲
★★★★外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ 松田哲
★★★★お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
★★★★お金の現実 岡本吏郎
★★★★28歳からのリアル(マネー編)人生戦略会議
★★★★世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
★★★★小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
★★★★ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (1)(2)(3)安間伸
★★★★仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理 ~マネーの時代を生きる君たちへ~ -原田武夫の東大講義録-
★★★★FX革命! 南緒
★★★★これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう!
★★★★幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 本田健
★★★★会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 和田秀樹
★★★★図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方
★★★★着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実
★★★★ネットの先取り商法―これから儲かるお店&会社はここが違う! 平賀正彦
★★★★なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢数希
★★★★夢と幸せを実現するお金のつくりかた 逢坂 ユリ
★★★★副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法 石川臨太郎
★★★ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ ジョージ・ソロス
★★★カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ 岡本吏郎
★★★借金国家から資産を守る方法―資産防衛のプロだけが知っている!
★★★藤巻健史×成毛眞×松本大 トーキョー金融道
★★★お金と時間の自己投資学 和田秀樹
★★★投資リッチの告白 上条詩郎
★★★マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」 松藤民輔
★★会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩
ファイナンシャルフリーを目指す!投資勉強会

■国家財政・政策・霞が関・公務員
★★★★★隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? 北野幸伯
★★★★★構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
★★★★「学校裏サイト」からわが子を守る! 安川雅史
★★★★大変化 伊藤元重
★★★★さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白by高橋洋一
★★★★日本国債 幸田真音
★★★脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか
★★★霞が関をぶっ壊せ! 高橋洋一
★★★大英帝国衰亡史 中西輝政
★★★霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 by高橋洋一
★★★ヒラリーをさがせ! 横田由美子
★★★日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日 ベンジャミン・フルフォード
★★★燃える氷 高任 和夫
★★★官僚国家の崩壊 中川秀直
★★★世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃 スティグリッツ
★★★日本破綻―デフレと財政インフレを断て 深尾光洋
★★★解体されるニッポン ベンジャミン・フルフォード
★★★ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学
★★公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇
★★破綻寸前!? 国のサイフ 家計のサイフ 荻原博子
食糧危機Q&A 石油で作るコメ、切迫している日本の食糧危機 ≪私の試算・日本の食糧供給力は3000万人分≫
勝間和代さん講演会に行ってきました!

■仕事術・読書術・効率性
フォトリーディング講座を受講しました
フォトリーディングその後
★★★★★効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 勝間和代
★★★★★勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
★★★★IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
★★★★2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎
★★★★決断力 羽生善治
★★★脳を活かす勉強法 茂木健一郎
★★★結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵
★★★【超】WORK HACKS! 小山 龍介
★★★本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!
★★★READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 原尻 淳一

■成功法則
★★★★★成功者の告白by神田 昌典
★★★★★非常識な成功法則 神田昌典
★★★★★夢をかなえるゾウ 水野敬也
★★★★変な人が書いた成功法則by斉藤一人
★★★★斎藤一人 人生の問題がスーッと解決する話―「好かれる習慣」「成功の口癖」…たった30秒!

■英語学習・英国大学院留学
★★★★★TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道 杉村太郎
★★★★★英単語・熟語ダイアローグ1800
★★★★★えいご漬け
audibleで英語教材学習

■精神世界・スピリチャル
★★★★★神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
★★★★★生きがいの創造 2
★★★★さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

■健康
★★★おいしいハンバーガーのこわい話 エリック・シュローサー
万歩計で歩く!

1日10,000歩のウォーキング!
二郎はラーメンではなく二郎という食べ物なのだ。

■その他・未分類
近くて遠い島(国後島上陸記)
羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に
ノートPCにも書中見舞いを申し上げます。
PanasonicのレッツノートW7(ノートPC)を注文する
John Lennon Museum(さいたまスーパーアリーナ内)
★★★★★恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)
★★★★★Join with Us/ The Feelilng (MUSIC)
★★★紅茶を注文する方法 土屋賢二

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実

評価(5段階評価):★★★★


・著者は陳 満咲杜(ちん まさと)氏。


・為替は徹頭徹尾「テクニカル分析」との持論の持ち主。

短期を読むにはテクニカル分析が王道であることを主張する。


・特に、「テクニカル」にあわせて「ファンダメンタルズ」の材料が出てくる、

つまり「テクニカル」が主で「ファンダメンタルズ」が従であるとする点は興味深い。


・テクニカル分析により円高やユーロドルの際限なき上昇を予想したと強調。


・安易なスワップ派、円売り派を否定する。


・氏は法律上実際の「為替取引ができない」とかでバーチャルなポートフォリオを

公開し、含み益が出ていることを強調。

(しかし、為替取引ができないのは何法なのだろうか??)


---
内容紹介
「着物トレーダー」とは、元々アメリカの雑誌が日本人の 奥様投資家を表す際に用いた言葉である。 それが今では特殊な売買(よくない意味で)をする日本人の 傾向を揶揄するのに使われるようになった。 相場の勝者になるためには、相場の本質を正しい アプローチ手法で捉えなければならない!! 「FXを始めたけど勝てない!」サブプライム問題で、 大きな損失をこうむった人も少なくないはず。 一年以上前から現在の「円高」を予告してきた異色の「ガイジン」 アナリストが語る「具体的な成功法」とは? 相場で生き残るための「プロの戦略」が満載。

著者について
92年、所持金5千円で来日。生活費と学費をバイトでまかない、親への仕送り以外に貯めたお金で大学2年の時から株投資をはじめ、中国新規事業資金を募る「ベンチャー」にも「出資」したが、大損。兜町のベテランに弟子入りして再出発をか ったが、日経指数の下落と共にほぼ全財産を失う。それをきっかけに100冊以上の投資関連の本を読破、300を超える銘柄のチャートを手書くなど猛勉強、端株投資から再起を果たす。 その後中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。トレーダーとして毎日相場を20時間も張り、9.11も含め、数多くの修羅場をくぐった。為替相場の本質を迫る独自のアナリシス手法を確立、アナリストとして脚光を浴びる。日本、中国、台湾地域など飛び回り、年間20回を超えるセミナーの講師を務め、定評のあるテクニカル分析と鋭い相場感で名を馳る。 日本テクニカルアナリスト協会検定会員。 ブログ「陳満咲杜の為替の真実」




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

スポンサーサイト
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方

評価(5段階評価):★★★★


著者は、経済ジャーナリストの岩本秀雄氏。


ポイントをメモすれば、以下のとおり。


・海外ETFを取り扱う証券会社が増えている。最大手は楽天証券。


・ETFとはExchange Traded Fundの略で、上場投資信託のこと。

流動性が高く、リアルタイム価格で売買できる。

もちろんオンラインのみでの取引が可能。


・ETFはほとんどの場合、ダウ工業株平均など、何らかのインデックスに

連動するパッシブ型で運用報酬が低めの低コストの設定。


・海外ETFは米国ダウとの連動、ヨーロッパ株式市場との連動、

新興国株式市場との連動型などがある。


・海外ETFではないが金ETFという金価格に連動したETFもあり、

東京証券取引所で20年6月より取引可能となった。野村證券で扱っている。


・ETFは種類が沢山あるので、全貌がつかみにくい。

(個別の証券会社から調べないといけない。)巻末の海外ETFリストは、

便利。




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩


評価(5段階評価):★★


著者は、証券会社などを経てファイナンシャルプランナー会社を立ち上げた

中桐啓貴氏。


感想は以下のとおり。


・この本でいう「ハイブリッド社員」とは、

会社員でありながら株式投資などを行う者をいうらしい。


・複利投資を強調しているので、デイトレなどは否定し、

超長期(5年~30年以上)の株式(投信含む)投資を推奨する。


・株式に関する説明は、わかりやすい。

ただし、ある程度知識がある人にとっては退屈と思われる。


・株式相場は全体が成長する市場で、

為替などはゼロサムゲームというのはそのとおり。

しかし、日本の株式市場はバブル崩壊後約20年にわたって低迷している。

20年は十分に長期であるので、長期投資が必ずしも

実を結ぶとは限らないのではないか。


・株式に関しては、定価=現在価格、

原価=1株あたり純資産(BPS)と言い切るあたりは新鮮。


・内容が平易なため、あっという間に読み終えるが、

多少なりとも知識がある方には物足りないだろう。





【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


先日下記の書籍の紹介記事を書いた。

FX革命! 南緒


この本の購入特典として、南緒氏の実際のトレード情報を

お試しの1週間携帯のメールアドレスに受けることができるとあったので、

早速登録し、1週間氏のトレード情報に触れる機会があった。


感想としては、


・予想が当たることも外れることもある。(1勝1敗くらいではないか?)

1日に1回くらいしかトレードしていない。(1日何もトレードしない日もある。)

・常に数10ピプス(数十銭)を狙っている。(大きくても1円数十銭)

・損切りのストップロスの幅と比して、利益確定のリミットの幅は2倍くらい

・自信の強さに応じて(?)トレード枚数(規模)を変えている



トレードの達人は1日に1回程度しかトレードしないという点は

ポジポジ病のデイトレーダーにとっては衝撃ではないでしょうか。


たとえば麻雀でも毎回勝負にいかずに自信がないときは「オリ」にまわり、

自信のあるとき(1日に1回)勝負に出る、といったスタイルです。


別の言い方をすれば、達人と言えど相場の動きを100%読めているわけではなく、

ある限られた局面でしか相場は読むことができないことを示しています。


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

タダで自宅を手に入れるスゴイ方法

評価(5段階評価):★★★★★



もし、住宅ローンの負担を負わずにマイホームが買えるとしたら?



このような夢を実現させる方法を記した本。

発想は簡単で、


1)住宅ローンを借りる。

2)空き地を買う。

3)2階建ての一軒家を建てる。

 2階部分はたとえば25m2のワンルーム×2を作る。

 1階部分は50m2の2DKか2LDK程度とし、1階に住む。

4)2階部分を他人に貸して賃貸料を得る。


この方法のポイントは、「住宅ローン」を借りることにある。

住宅ローンは、あらゆる借金の中で最も金利が低く、優遇されたローンである。

しかし、当然ながら投資用物件には貸してくれない。

自宅部分が50%は無ければ「住宅」とはいえないからだ。


この方法はそれをクリアしつつ、半分を他人に貸すことで家賃収入を得て、

住宅ローン負担を無し(または軽減、または儲け)とする。

たとえば毎月のローン負担が15万円として、ワンルームを1部屋7.5万円で

貸せば住宅ローン負担はゼロである。


この方式のデメリットはもちろんある。

当たり前だが、2階部分は自宅として使えない。

家族の理解がなければとても建てられないだろう。

また、建てる地域を選ばないと住む人が出てこない(貸せない)かもしれない。

それに、玄関を複数作るし、バスルームも複数作るから、建築費用がかさむ。


しかし、自宅の必要サイズというのは子どもの成長によって変わるから、

子どもが受験勉強などを始める高校生くらいになれば、

2階に住んでいる人を追い出して、自分の子どもの勉強部屋に充てることもできるだろう。

子どもが小さいうち、また子どもが成人して出て行けば2DKくらいでも十分ではないだろうか。


私はこの本を読むまで、マイホームと投資用物件は完全に区別して

考えていた。

そういう意味で、目からウロコが落ちた本である。

なお、本の中に幾つか事例が出てくる。

この本以外に、「収益マイホーム」を論じている雑誌や本を見たことが無い。

おそらく、このコンセプトに関しては現時点で唯一の情報源と思われる。


なお、著者は泉正人氏が代表取締役を務める日本ファイナンシャルアカデミー。

泉正人氏は不動産屋ではなく、投資家で、マネーがらみの本を幾つか書いている。

他の泉氏の著作もおすすめ。

(私がこの本に出会ったのは他の泉氏の著作からの孫引きである。)




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


霞が関構造改革プロジェクトKが、勝間和代さんを招いて講演会を企画している。

私も参加申し込みをした。


なお、本件の申し込みをする方は、プロジェクトKの活動に興味があるか、

勝間さんのファンであるかどちらかであろうと推測されるが、

私は後者の方である^^;


当日は講演会の後のグループディスカッションがある。

そういうのは面倒くさいという方は参加しずらいかもしれません。

---
◆日時 9月13日(土) 13:30~17:00(13:00より受付開始)
◆会場 新宿住友ビル 47階 スカイルーム5(東京都新宿区西新宿2-6-1)
◆講師 勝間和代氏(経済評論家・公認会計士)
◆参加費 2,000円

◆当日の流れ
(1)プロジェクトK活動紹介
(2)勝間氏による基調講演「ワーク・ライフ・バランスへの現実的な処方箋」
(3)勝間氏との質疑応答
(4)グループディスカッション
(5)アンケート記入

◆詳細及び申込は下記ホームページにて
http://projectk.jp/

終了後17:30から、有志による懇親会も企画しております。
●会場 新宿ワシントンホテル「桜」(東京都新宿区西新宿3-2-9 新館4階)
●懇親会費 社会人5,000円、学生4,000円



【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学

評価(5段階評価):★★★


ベンジャミン・フルフォード氏の著作を読むのはこれで何冊目になるだろうか。

本作は、氏の新刊本。


だいたい、この人の言いたいことがわかってきた。

米国の金融資本の大本山はロックフェラー、ロスチャイルド家ら。

彼らは中央銀行を牛耳ることで世界を牛耳っているとする。

そして、日本については(お決まりの?)財政破綻懸念を述べている。


「経済学」とタイトルが付けられているが、週刊誌の連載記事のようにさらっと読める本。

いわゆる「陰謀論」と真実の境目のような論調なので、

「こういうこともあるのかもしれない」というスタンスで一度頭に入れておくとよいのかもしれない。


---
内容紹介
いま、戦争・石油・ドルの時代が終焉を迎え、金融資本が「次」のターゲットを目指して動きはじめた。
真の「経済的自由」を手にするために、
われわれは何を知り、どう考え、どう行動すべきか――。
教科書には決して書かれていない経済・金融のカラクリを解き明かし、幸福な未来への処方箋を緊急提案!

経済学の根本は、ある空間のなかにある資源をどのように分け合うかということだ。広大な宇宙空間に地球という小さな丸い石が浮いていて、その丸い石のなかに空気や水や土地や鉱物があり、人類を含む動植物が存在している。ここで人類を中心として考えたときに、空気や水や土地や動植物という限られた資源を、どのように配分すべきかを考えるのが本来の経済学だ。……強い人間が弱い人間を殺して資源を独占するか? それとも、みんなが資源を分け合って平和に暮らしていくか? こんな究極の選択肢がいま提示されている――。(本書より)

著者について
ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン/Benjamin Fulford):
1961年カナダ生まれ。外交官の家庭に育ち、19歳で来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大を卒業。「日経ウィークリー」記者、米経済紙「フォーブス」のアジア太平洋支局長を経て、現在はフリーランス・ジャーナリストとして活躍中。2007年に日本に帰化し、カナダ系日本人となる。イラン国営通信PressTV日本特派員。「週刊SPA!」など連載多数。著書に『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』(光文社)、『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』(同)、『イケダ先生の世界――青い目の記者がみた創価学会』(宝島社)、『暴かれた9.11疑惑の真相』(扶桑社)など多数





【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

お金と時間の自己投資学 (PHP文庫) 和田秀樹

評価(5段階評価):★★★


会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 和田秀樹

に続き、和田秀樹氏の著作。


・人生そのものが投資である。

・だから、労力をかけたらそれに値する(あるいは上回る)リターンを得なければ勿体ない。



和田秀樹氏の哲学は、徹頭徹尾結果主義であることだろう。

だからこそ、合理的で非常にわかりやすい。

あいまいなことは言わないし、何となくわかったような気にさせるようなことは書かない。


氏は、受験勉強でも、合格するための最小限の労力と最低限の結果(合格)を求めている。

贅沢自体も否定するものではなく、むしろそれによる精神的な高揚感や、仕事の効率化につながる

ヒントを得ることで、より大きなリターンを得れば問題ないとする。

むしろ、医療の専門家の立場から、好きなことをやっていた方が将来の病気の予防になるとも言う。


「離婚はリスク要因」など家庭にまで踏み込んで投資の観点から

論じられるのは気に食わない人もいるかもしれないが、

それがむしろ新鮮でもある。

「書籍代はケチらない」は多くの人が主張する自己投資である。

やっぱり基本はそこなのかもしれない。


---
出版社 / 著者からの内容紹介
幸福は"タナボタ"で得られるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。勝ち組・負け組の差が開きつつある現代、自分自身への投資にお金と時間を惜しんではいけない――。
本書は30代の視点から、幸せな人生を組み立てるために必要なお金と時間の使い方を「人生・家族・人間関係・キャリア・プライベート」の5つの面からレクチャーします。
例えば、「回収できなければ投資ではない」「贅沢は充実感を生む」「時間とお金は補完関係」「広い家に住もう」「家庭円満が第一」「健康にこそお金をかける」など、人生の投資効率を上げるために今すぐにでも実践できる具体的なヒントが溢れています。
和田流・投資学のエッセンスは、「拡大再生産」を目指すこと。普段なら少しもったいないと思えるくらいのお金や時間も、投資と考えれば思い切って自分のために注ぎ込めるものです。自分への投資をうまく回収して、人生の「儲け」を増やしたい人に読んでほしい一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
幸福は“タナボタ”で得られるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。そのためには自分自身への投資に、お金と時間を惜しんではいけない―。本書は、人生・家族・人間関係・キャリア・プライベートの5つの面から、お金と時間の効果的な使い方をレクチャー。「回収できなければ投資ではない」「贅沢は充実感を生む」「健康にこそお金をかける」など、「和田流・人生投資の鉄則」を一挙公開。




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

FX革命! 南緒

評価(5段階評価):★★★★


著者の南緒氏は、FXで13ヶ月で500万円を4億8000万円まで増やし、

海外銀行にヘッドハントされた経歴の持ち主。


とりあえずポイントについてメモすると以下のとおり。


・FXはハイレバレッジかつデイトレが最も資金効率がよい。


・スワップ派はリスクの高い投資方法だ。為替差益で全部吹っ飛んでしまう。

 また、塩漬けで多額の含み損をかかえるケースが多い。


・南緒式トレードでは損切りは絶対。エントリーと同時にストップロスを入れるので

 多額の含み損は抱えない。損失は最小限におさえる。


・トレードはファンダメンタルズ無視、テクニカル重視。

 チャートは複数見る。4時間足、2時間足、30分足、5分足の4つを見て

 4つのトレンドが全て揃ったときにエントリー。エントリーポイントを探すための

 待ち時間が20時間くらいかかることもある。


結論としてはデイトレで効率的に資金を増やそう(1日1%で1年後には10倍以上)。

しかし内容としてはかなり基礎的で実践的。

スワップ派をこきおろしてはいるが、その指摘は実際そのとおりで、スワップ派に大きなリスク

があることは否めない。

デイトレをやるのであればこのように損切りを徹底することは必須であろう。

問題はサラリーマンにとってデイトレするだけの時間が十分に取れないことです。

ずっとモニターの前に張り付いているわけにはいかないし・・




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう! (実日ビジネス) (実日ビジネス)

評価(5段階評価):★★★★


以前、

マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」 松藤民輔

を読んで「金投資」への興味を持って、注文した本。

著者の植田進氏は、証券会社のファンドマネジャーなどを経て、

FP(ファイナンシャルプランナー)をしている。


とりあえずポイントについてメモすると以下のとおり。


・金投資は「投資」用というより資産保全用としての用途が多い。

 紙幣価値が下がっている(即ちインフレ)状態であれば、なおさら資産保全用効果が高い。

 たとえば、戦後のブレトンウッズ体制下では金1トロイオンス35ドルだったが、

 今は1,000ドルを越えている。


・日本で金を買うとドル円為替相場の影響を受ける。円安だと得をし、円高だと損をする。

 ドルベースでは現在史上最高値である金だが、現在は円高なので、

 円ベースでは市場最高値ではない。(つまり割安とも言える。)

 ただし通常はドル高は金下落要因。逆にドル安は金上昇要因。

 これは通貨と金が補完関係にあるからである。


・金はインフレに強い。流動性・換金性に優れる。

 発行体の信用力に依存しない(債券は発行体の信用力に依存する)。


・金の投資方法は幾つかある。金地金・地金型金貨、純金積立などの従来型商品に加え、

 金ETFz(東証、大証に上場)や金先物などがある。

 (ただしETFや先物は現物を見ることができない。)


結論としては一つの有望な投資先ではないかと思われます。

が、まだよくわからないことがあるのでじっくり勉強したうえで少資金でポートフォリオに加える

くらいのスタンスで考えています。


書籍自体は金投資を考える人にとってはよくわかるので★★★★です。




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

紅茶を注文する方法 (文春文庫) 土屋賢二

評価(5段階評価):★★★


私が好きな藤巻健史さんが絶賛するので買ってしまったエッセイ本。

お茶の水女子大哲学科の教授である土屋賢二氏の週間文春での爆笑エッセイを本にまとめたもの。


言葉のマジックと自虐かつ勝手な論理で読者を煙に巻き、いつの間にか笑っている。

かるーい本が欲しい方は読んでみてはいかがだろうか。


ちなみに、藤巻さんの評については、「富豪への道」というタイトルで、こうある。


・伝説のトレーダーだから儲ける才能はあるはずなのに、裕福そうに見えない。

・藤巻氏は熱心に円安論を語った。この人には円安にならないと困る個人的事情があるに違いない。

・わたしの目に狂いがなければ、藤巻氏は本物だ。唯一の問題は、わたしの目に狂いがあることだ。

・債券先物が儲かる。・・・詳しくは分からないが5年後には上がるか下がるかするから、売るか買うかすると儲かる。






【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫) 本田健

評価(5段階評価):★★★★


「ユダヤ人のお金持ち」シリーズ本田健さんの最新作。

この人は「癒し系お金持ち(?)」と言われているほどなので、

その語り口は常にソフトでやわらかい。

沢山本を出しているが、どの本も外れがなく、しかも肩肘張らずに

読めるので、おすすめです。


この本で一番面白かったのが、「5つの収入の壁」。

本田健さんは、以下の5つの壁があると言います。


・年収200万円 日雇いやアルバイト

・年収600万円 安定した会社員

・年収1000万円 周囲の人より、はるかに多くのサービスを提供できる人 部下をまとめるチームスキル、セールス力、発明や開発

・年収3000万円 日本人口の数% 卓越した知識、人格、情熱が必要

・年収1億円 才能に恵まれ、ここぞというときに勝負を挑み続ける人


大切なのは、最短でお金持ちになろうとしないことだそうです。

ひとつずつ壁を突破して、ゆっくりお金持ちになること。

たとえば600万円→1000万円へは、

・日常的にやっていることのなかで、楽しんでいること、楽しめそうなこと

を探す。

本田健さん曰く、その周辺に、あなたの報酬を上げる鍵があるそうです。

会社が喜んでもっとお金を払いたいと思うようなスキル、能力を身につけること。

これを着実にやっていくと、600万円の壁は突破できると言います。

これは会社内でのスキルに限られませんので、好きなことをブログやHPなどに

表して、アフィリエイトやノウハウの販売することなども含まれるでしょうか。



---
幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫) 本田健

第1章 幸せな経済自由人のマネーセンス
第2章 幸せな経済自由人への入口
第3章 幸せな経済自由人のお金の稼ぎ方
第4章 幸せな経済自由人のお金の殖やし方
第5章 お金持ちになって幸せになる人・不幸になる人




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


さいたまスーパーアリーナの中にある、John Lennon Museumを訪れた。


ジョン・レノンがビートルズを成功させるまでと、

その後、後に妻となるオノ・ヨーコと出会って平和運動に傾倒していくまでの

道のりがリアルにわかる構成となっている。

展示物は、ジョン・レノン直筆の作詞ノートやimagineのレコーディングビデオ、

愛用していたギターや洋服などで、かなりじっくりと見て回れる。


ビートルズは高校時代から好きでほとんどの曲を知っているが、

ジョン・レノンとオノ・ヨーコとの関係については

これまであまり深く追ったことはなかった。

ちなみに、名曲imagineは、オノ・ヨーコの芸術作品がヒントになった

書き上げたものと言われている。


2人が出会ったのはジョン29歳、ヨーコ36歳の年であり、

しかもジョンがバツイチ、ヨーコがバツニのときのことである。

ヨーコは前衛美術家であり、ロンドンの個展で出会った。

ヨーコの作品も一部展示されているが、コンセプチュアルアートで、従来の

紙や彫刻などといった表現物にとらわれない、現代アートの先駆けのように思える。

(といっても私は現代アートにそれほど詳しいわけではないが。)

今でこそこういったアートは珍しくはないが、当時の時代背景から考えたら、

ものすごく奇妙に写ったに違いない。

この二人が出会って惹かれあい、アートと結びつけた平和運動に傾倒していったのは、

運命的としかいいようがない。


ちなみに、英国滞在中、リバプール空港からスイスまで旅行したが、

リバプール空港は、ビートルズを生んだ町だけあって、

Liverpool John Lennon Airportと、ジョンの名前を冠した空港名となっていた。

リバプールの町を観光する機会がなかったのが残念である。

今調べたら、リバプールにはジョンレノンミュージアムはないが、

ビートルズ博物館のようなもの(The Beatles Story)があるようである。



John Lennon Museum公式ウェブサイト
http://www.taisei.co.jp/museum/

オノ・ヨーコ(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3

The Beatles Story(リバプールにあるビートルズ博物館?のようなもの)
http://beatlesstory.com/page.asp?key=100


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


夏休みであることを利用して、ノートPCを注文した。


現在の愛用機はDell社のLatitude X1であり、これは英国留学直前の2005年7月に購入したものだが、

既に3年が経ち、発熱がひどくなってきていつクラッシュしてもおかしくないため、

予備機の意味も込めて次機の購入を決意した。


ちなみに私のパソコン利用歴は以下のとおりである。

・1997年 東芝ダイナブック(ノート) ※型番不明。HDはは1Gなく、810MBであったことを記憶している。

・2000年 IBMシンクパッド(ノート) 

・2003年 e-Machines(デスクトップ)

・2005年 Dell LatitudeX1(ノート)


次機については、勝間和代さんが愛用しているというPanasonicのLet's noteシリーズと

決めていたので、それほど悩まない。

サイズをA3のYシリーズにするか、A4のWかTにするかと、

無線LANがきちんと内臓しているかどうかをささっと調べたくらいだ。

(大体、私はインターネットとメール、音楽の取り込みくらいしかしないので、大した機能は必要ない。)


で、注文したのは 

・レッツノートW7 CF-W7CW2AJS

(Core2Duo超低電圧版U7600/Vista Business/無線LAN(Windows XPダウングレード用リカバリーDVD付))

というやつで、WシリーズはTシリーズと違ってDVD-ROMドライブを内臓している。


Wシリーズ自体は何度もヤマダデンキの店頭で現物確認をしているので、

サイズもさわり心地も大体わかっている。


もっともこだわったのは値段で、やはり価格.comが一番安かった。

数ヶ月前からLet's noteシリーズを一番安い順に並べたページをお気に入り登録し、

時々ウォッチしていた(というか注文する気持ちが熟成するのを待った)。

↓価格.comの、Let's noteシリーズを一番安い順に並べたページ。
http://kakaku.com/itemlist/S0020000007N101/P101/

その中から希望のW7マシンを選び、

口コミ評価が非常に高かった「ラディカルベース」でオンライン注文する。

予想どおり、反応が異常に早く、ものの30分もしないうちに返信メールが来る(自動返信ではない)。


Windows Vista搭載なので(別にいらないが)、メモリは1G+1Gを増設して2Gにしておいた。

メモリ増設費込み、配送料込みのお値段は

・150,980円

であった。

ちなみに、Let's noteシリーズは他社パソコンより若干高めであるので、それほど

安い感覚はないかもしれないが、下記の他店価格と比較すればかなり安いと思う。



・アマゾン 
CFW7CW2AJS 222,139円 (税込)

・ヨドバシカメラ
CFW7DWJNJR 289,400円 (税込) ポイント(14%進呈)
CFW7DWJAJR 258,400円 (税込) ポイント(14%進呈)
※どちらもレッツノートW7 CF-W7CW2AJSより若干上位機種。

・ヤマダデンキ 
CFW7DWJNJR 268,700円 (税込) 37,618 ポイント(14%進呈)
CFW7DWJAJR 237,700円 (税込) 33,278 ポイント(14%進呈)
※どちらもレッツノートW7 CF-W7CW2AJSより若干上位機種。

・ビックカメラ
CFW7DWJNJR 268,700円 (税込) (14%進呈)
CFW7DWJAJR 237,700円 (税込) (14%進呈)
※どちらもレッツノートW7 CF-W7CW2AJSより若干上位機種。


ヤマダデンキとビックカメラが全く同じ値段なのにはびっくりした。

型番が異なるので全く同じ比較はできないが、上位機種(最新)となったところで

機能はさほど変わらない。

ポイント付与を加味しても、価格.comが十分に安い。

なお、私は普段はヤマダデンキユーザーで、ポイントも貯めている。

今回のような高額な買い物以外は、ほぼヤマダデンキで買うようにしている。

(ので、ヤマダデンキさんをフリーライドしているわけではない^^;)


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


8月3日に初回の投資勉強会を開催しました。

当日の様子など詳しい内容は

ファイナンシャルフリーを目指す!投資勉強会

をご覧ください。


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

投資リッチの告白 (Kobunsha Paperbacks Business 18)

評価(5段階評価):★★★


著者は大手英会話スクール、パソコン教室事業などを経て、ベトナム・カンボジア・タイを中心に

投資家活動をしている上条詩郎氏。


氏が第二章で述べる日本が抱える「カントリーリスク」。

それは国家破産のリスク。

ここで、第二章を要約してみます。


1.ロシアの場合
・1992年にロシア誕生。
・1998年に債務に対するモラトリアム(支払い停止)→ロシア国債デフォルト、国家財政の破綻
・「銀行預金の封鎖」により、預金、「金」、「米ドル札」は全て国家に没収 ※外資系銀行口座は封鎖から逃れる
・年率7,000%のハイパーインフレ→ルーブルの価値は1年で70分の1に
・1998年1月1日にデノミネーションを行い、旧1000ルーブルを新1ルーブルに切り替え
★ほとんどのロシア国民は損をし、資産を外貨に換えていた(海外の金融機関利用やドル紙幣の保有)富裕層のみ豊かになった。


2.アルゼンチンの場合
・1999年~ 隣国ブラジルに輸出国としてのポジションを奪われる 
・2000年~ 極度の経済不振で貧富の差拡大
・2001年  アルゼンチン政府がデフォルト宣言(1320億ドル=16.8兆円の対外債務)
・2002年  預金封鎖と40%のインフレ→1週間に250ドル(3万円)のみ引き出し、一ヶ月に海外送金1000ドルに制限
・       商店街襲撃、強盗、スリなどの犯罪増加
・       独自の民間通貨が流通。「物々交換のマーケット」も広がる
・       銀行業務が停止
※ロシア危機に端を発してブラジルは変動相場制に移行。ブラジルレアルの下落で輸出が伸び、アルゼンチンが不利になったことが原因といわれている。


3.日本の場合
・債務総額は約1,000兆円
・ロシアやアルゼンチンは「対外債務」、日本は「対内債務」がメイン
・日本でも1946年に戦後のインフレを沈静化する目的で預金封鎖を実施(金融緊急措置令と日本銀行券預入令)


このような観点から、上条氏は国内投資はリターンがほとんどないとし、

海外投資をすすめます。

投資家のマインド(しかも、まだ若い投資家)というのがよくわかる一冊です。


序章 なぜあなたは会社に行くの?会社にも日本にも「お金」、「自由」、「幸せ」はない!
1章 残念ながら、あなたが一属性でいるかぎり、他人との所得格差は広がっているだけ
2章 結論として、自国にこだわる理由が見当たらない。日本を見限る勇気を持て!
3章 あなたを投資から遠ざける壁、ジョニー式に解決します
4章 もう言い訳はできない。個人投資家への扉を開こう!




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。