英国好きoldyorkerの日記です。書評・仕事・投資など。
過去記事の一覧です。ご覧になりたい記事からどうぞ。書評は5段階の★の数で表示。

■投資・ビジネス
★★★★★FXの教科書 松田哲
★★★★★インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング 金森重樹
★★★★★1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹
★★★★★普通の人がこうして億万長者になった――1代で富を築いた人々の人生の知恵 本田健
★★★★★ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 本田健
★★★★★藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
★★★★★私の財産告白 本多静六
★★★★★タダで自宅を手に入れるスゴイ方法
★★★★投資で浮かぶ人、沈む人 松田哲
★★★★外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ 松田哲
★★★★お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
★★★★お金の現実 岡本吏郎
★★★★28歳からのリアル(マネー編)人生戦略会議
★★★★世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
★★★★小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
★★★★ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (1)(2)(3)安間伸
★★★★仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理 ~マネーの時代を生きる君たちへ~ -原田武夫の東大講義録-
★★★★FX革命! 南緒
★★★★これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう!
★★★★幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 本田健
★★★★会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 和田秀樹
★★★★図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方
★★★★着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実
★★★★ネットの先取り商法―これから儲かるお店&会社はここが違う! 平賀正彦
★★★★なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢数希
★★★★夢と幸せを実現するお金のつくりかた 逢坂 ユリ
★★★★副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法 石川臨太郎
★★★ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ ジョージ・ソロス
★★★カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ 岡本吏郎
★★★借金国家から資産を守る方法―資産防衛のプロだけが知っている!
★★★藤巻健史×成毛眞×松本大 トーキョー金融道
★★★お金と時間の自己投資学 和田秀樹
★★★投資リッチの告白 上条詩郎
★★★マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」 松藤民輔
★★会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩
ファイナンシャルフリーを目指す!投資勉強会

■国家財政・政策・霞が関・公務員
★★★★★隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? 北野幸伯
★★★★★構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
★★★★「学校裏サイト」からわが子を守る! 安川雅史
★★★★大変化 伊藤元重
★★★★さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白by高橋洋一
★★★★日本国債 幸田真音
★★★脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか
★★★霞が関をぶっ壊せ! 高橋洋一
★★★大英帝国衰亡史 中西輝政
★★★霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 by高橋洋一
★★★ヒラリーをさがせ! 横田由美子
★★★日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日 ベンジャミン・フルフォード
★★★燃える氷 高任 和夫
★★★官僚国家の崩壊 中川秀直
★★★世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃 スティグリッツ
★★★日本破綻―デフレと財政インフレを断て 深尾光洋
★★★解体されるニッポン ベンジャミン・フルフォード
★★★ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学
★★公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇
★★破綻寸前!? 国のサイフ 家計のサイフ 荻原博子
食糧危機Q&A 石油で作るコメ、切迫している日本の食糧危機 ≪私の試算・日本の食糧供給力は3000万人分≫
勝間和代さん講演会に行ってきました!

■仕事術・読書術・効率性
フォトリーディング講座を受講しました
フォトリーディングその後
★★★★★効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 勝間和代
★★★★★勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
★★★★IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
★★★★2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎
★★★★決断力 羽生善治
★★★脳を活かす勉強法 茂木健一郎
★★★結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵
★★★【超】WORK HACKS! 小山 龍介
★★★本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!
★★★READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 原尻 淳一

■成功法則
★★★★★成功者の告白by神田 昌典
★★★★★非常識な成功法則 神田昌典
★★★★★夢をかなえるゾウ 水野敬也
★★★★変な人が書いた成功法則by斉藤一人
★★★★斎藤一人 人生の問題がスーッと解決する話―「好かれる習慣」「成功の口癖」…たった30秒!

■英語学習・英国大学院留学
★★★★★TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道 杉村太郎
★★★★★英単語・熟語ダイアローグ1800
★★★★★えいご漬け
audibleで英語教材学習

■精神世界・スピリチャル
★★★★★神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
★★★★★生きがいの創造 2
★★★★さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

■健康
★★★おいしいハンバーガーのこわい話 エリック・シュローサー
万歩計で歩く!

1日10,000歩のウォーキング!
二郎はラーメンではなく二郎という食べ物なのだ。

■その他・未分類
近くて遠い島(国後島上陸記)
羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に
ノートPCにも書中見舞いを申し上げます。
PanasonicのレッツノートW7(ノートPC)を注文する
John Lennon Museum(さいたまスーパーアリーナ内)
★★★★★恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)
★★★★★Join with Us/ The Feelilng (MUSIC)
★★★紅茶を注文する方法 土屋賢二

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

「学校裏サイト」からわが子を守る! 安川雅史



評価(5段階評価):★★★★  


仕事がらみの本。

著者は、全国webカウンセリング協議会理事長の安川雅史氏。


この本では、今の子どもたちの世界に広がっている様々ないじめ、たとえば


・「なりすましメール」による「バカ」「死ね」などのいじめ

・ケータイのカメラを使って下半身などを撮ってクラスにばらまくなどの陰湿ないじめ

・学校裏サイトへの誹謗中傷の書き込み、個人情報の暴露などのいじめ

・プロフと援助交際の関係

・ケイタイやネットなどのいじめによるひきこもり


などの実態を解説し、さらにカウンセラーとしての経験から、

こういった事態に子どもが巻き込まれたとき、また

巻き込まれる前に、どのような手段がとりうるか、

アドバイスするという構成になっている。


まず、我々の世代のいじめとは根本的に異なることを認識すべきだと感じた。

我々(アラウンド30?)は、せいぜい大学生になってからケイタイを使い始めた世代であり、

小中高ではケイタイを使ったいじめに遭遇することは物理的に不可能だった。

もちろんいじめ自体はいつの時代でもあるものだが、

昔は身体的に優れたものがそうでないものをいじめるという構図で、

かつ非常に外から見てもわかりやすいものだった。

現在は匿名の「なりすましメール」などを使って「きもい」「うざい」「死ね」などと

送りつけるなど、誰が加害者なのかわかりにくい。

また、そのメールをチェーンメールとして他人に転送しないと

今度は自分がターゲットになると脅されて転送するなど、簡単に加害に加担して

しまう点も問題だ。


さらに、不都合のある画像(たとえば、トイレで撮影された下半身の画像など)が

ばらまかれると、それを回収するのはほぼ不可能で、下手をすれば

一生消えない記録となって残ってしまう。

これらの点で、ケイタイを使ったいじめはかなり深刻である。


また、いわゆる「学校裏サイト」などは、「そんなに問題があるのだったら見なければいい」

と思っている人が多いが、実はここに書かれた書き込みが原因で、

就職先から内定が取り消されるケースなどがある。

(書き込まれた内容の事実関係が不明でも、企業は「安全策」を取って採用を断念する)



携帯をそもそも子どもに持たせないという取組をしている保護者や学校もある。

(子どもの年齢にもよる。現在、概ね小学校3割、中学校6割、高校生の9割が

携帯を保有している)


極端な取組にも思えるが、それくらい事態は深刻だということ。

より問題なのは、携帯を買い与える側の保護者が、自らのこどもが

携帯を使ってどのようなサイトにアクセスしているのか、全く把握していない

ケースが多いこと。

これは、自分が子どもだった時代には存在しなかったものなのだから、

そもそも想像するのも難しい。


現在子どもをもつ親たち、またこれから子どもを持つ場合には、

ある程度現在の子どもたちの世界に起こっていることについて、

しっかり認識していないと、子どもを守れない事態にもなりうる。



【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか



評価(5段階評価):★★★


霞が関から「脱藩」した江田憲司(経産)、高橋洋一(財務)、

寺脇研(文部科学)などが起こした「脱藩官僚の会」


彼らの特徴は、役所とはきれいさっぱり手を切っていることで、

天下りや、政府の審議会委員などを努めていないので

霞が関に対して歯に衣着せぬ発言・提案ができること。


この本は特に何かを共通して提案しているというよりは、

脱藩官僚の会に参加している個人にそれぞれ思うところを

しゃべってもらったというところ。


個人的には、このような会がどんどん発言してもらうことは

霞が関にとっても有益であると思う。

どうしても、内部の者からの発言は制約があるし、

かと言って完全に外部の者からはピントのずれた提案になりがちだからだ。


この本自体は何らかの特定のテーマに基づいて書かれているわけではないので、

公務員制度改革の舞台裏などを知るには高橋洋一の本などを

別に読むとよい。(今、読んでいるところ)


---

国の政権が変わっても「霞ヶ関政権」が変わらなければ日本はは沈没する――。官僚批判が高まっているなか、かつて霞ヶ関の第一線で活躍したエリート官僚たちが、真の政治家・国民主導の政治を実現するために反霞ヶ関の団体「脱藩官僚の会」を設立。本書では発起人である8人の元官僚がみずからの霞ヶ関での体験を振り返るなかで、官僚社会の矛盾、省益のために改革を骨抜きにする組織の実態と手の内を明らかにし、そのうえで、脱藩官僚として真の改革を成功させるための秘策を公開する。

第1章 江田憲司 通商産業省脱藩・衆議院議員
霞ヶ関連合軍と全面戦争をやり抜いた男
「官僚のお家芸『改革の骨抜き』を完全阻止する!」

第2章 高橋洋一 財務省脱藩・東洋大学教授
官僚すべてを敵にした埋蔵金男
「天下りの斡旋禁止で官僚の質はアップする」

第3章 岸 博幸 経済産業省脱藩・慶応義塾大学教授
霞ヶ関にゲリラ戦で挑んだ竹中平蔵氏の懐刀
「官僚の政策独占を打ち破り、官製不況を止める!」

第4章 上山信一 運輸省脱藩・慶応義塾大学教授
地方から国を変えたい自治体の改革屋
「大阪維新に期待! 地方分権こそ霞ヶ関改革の近道」

第5章 福井秀夫 建設省脱藩・政策研究大学院大学
行政の手口を知り尽くした政策通
「エリート主義が破綻した霞ヶ関を国民目線の集団に変革せよ!」

第6章 寺脇 研 文部科学省脱藩・映画評論家
タカ派文教族に敵視されたゆとり教育の旗手
「『まともな抵抗』ができない役人たちに頭のいい交渉の仕方を教えよう」

第7章 木下敏之 農林水産省脱藩・IT企業役員
抵抗勢力と戦い、改革を実現した元佐賀市長
「国の人事制度を変えれば税金の無駄遣いは簡単になくせる」

第8章 石川和男 経済産業省脱藩・新日本パブリック・アフェアーズ上級執行役員
規制緩和に心血を注ぐ「脱落官僚」
「霞ヶ関からは出て来ない『当たり前』の政策を発信する!」

設立趣意書「CHANGE! 官僚国家日本」

緊急アピール「官僚諸兄へ……率先して自らの身を切れ!」

---

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング 金森重樹



評価(5段階評価):★★★★★


著者は行政書士のネットマーケティング、後に不動産投資で大成功を収めた

ビジネスプロデューサーの金森重樹氏。


私のこの本との出会いは、「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」だった。

不動産の本がかなり具体的で論理的なので期待をもって

この本も買ってみたが、結論から言うと大当たりだった。


何より、内容が非常に理知的だ。

この手のネットビジネス関係の本だと、概して感情的に煽るような内容の本が少なくない。

この本は、徹頭徹尾理知的、論理的で、冷たいほどだ。


本作は、

■オーバーチュアは供給を、グーグルは需要を表す

■ネット広告の費用対効果

■PPC広告使用方法

■検索エンジンマーケティング

■メルマガ集客


などについて書かれている。


たとえば、PPC広告の最低単価が1ワード1クリック7円ほどなので、

仮に1アクセスあたり10円以上を稼ぐHP・ブログを持っているならば、

PPC広告に宣伝費をかければかけるほど売上に結びつく
ことになる。

(無論、1クリック10円以上稼ぐサイトの構築自体かなり難しいことだ。)


ネットビジネスに関わる人間にとっては基礎の部分となるが、

この本に述べられていることをきちんと押さえることで戦略が見えてきそうだ。

この本をまず読んで、さらに各論の本(これは金森氏の本でなくてもよい)で

補強していく、という形がよいかもしれない。



難点があるとしたら、かなり大胆な提案もしているし、

「これくらいできないのならやめたほうがいい」くらいの

ことはズバズバ言い切っているので、気になる人には気になるかもしれない。



--ここから引用--

内容(「MARC」データベースより)
インターネットは、時空や貨幣価値の壁を超え、情報は無限に複製可能だ。うまく利用すれば、そこに富ができる! マーケティング部門メルマガ読者数日本一、6万人が支持する「頭脳マーケター」のネットビジネス絶対成功法則。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
金森 重樹
ビジネスプロデューサー。1970年生、東京大学法学部卒。六本木在住。パソコン一台で億を超える収入をつむぎ出すネットマーケティングの達人。天才的なマーケティング手法で、顧問先の販売する不動産をネットで半年で9億円売るなどの記録を作る。コンサルティング会社、不動産会社、法務事務所など数社を経営するオーナーでもある。中小企業診断士、行政書士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

--ここまで引用--

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ 岡本吏郎



評価(5段階評価):★★★


著者は、税理士で経営コンサルタントの岡本吏郎氏。

この人の著作からはいろいろと学ぶものがありそうだが、

この本はエッセイに近く、体系的にまとまっているとは言えない。


そういう意味では読みにくいが、

ちょっとした気づきが得られるような部分がある。


たとえば以下のような部分。


■スターバックスは明治時代からあった?

カフェ、喫茶店の歴史は明治時代から始まり、

その後女性のサービスを売り物にした同伴喫茶などの「おみず」系喫茶として発展(?)し、

(今の秋葉原のメイド喫茶みたいなものでしょうか。)

一巡して現在は「純喫茶」と言える(つまりコーヒーそのものを楽しむ)スタバなどが

流行っている。

こういった業界毎の歴史を追っていくと、次代につながるヒントが見えてくる。


こういった軽妙なエッセイでこの本は構成されている。

ちょっとした空き時間に気分転換に読むのはいいかもしれない。


同じ岡本吏郎氏の著作でも、「お金の現実」の方が

まとまっていて読みやすかった。


--ここから引用--

著者について
岡本吏郎
経営コンサルタント 税理士

1961年、新潟県生まれ。明治大学商学部卒業。戦略的財務から経営戦略、マーケティング、債務対策まで幅広く指導する経営コンサルタントとして活躍中。世の中で当たり前とされていることを、独自の視点から切り裂いてビジネスに繋げていく手法、ビジネス以外の膨大な知識から発想する戦略眼などには長年のファンが多く、セミナーやニュースレターは大変人気がある。そういったノウハウは、CDとニュースレターを媒体とした会員制勉強会「戦略思考ビジネス会議」や有料メルマガ「週刊 岡本吏郎」で公開している。著書に『会社にお金が残らない本当の理由』『成功はどこからやってくるのか?』『図解!会社にお金が残らない本当の理由』(いずれもフォレスト出版)『裏帳簿のススメ』『なぜ、あなたの会社は儲からないのか?』(アスコム)、『お金の現実』(ダイヤモンド社)

--ここまで引用--


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。