英国好きoldyorkerの日記です。書評・仕事・投資など。
過去記事の一覧です。ご覧になりたい記事からどうぞ。書評は5段階の★の数で表示。

■投資・ビジネス
★★★★★FXの教科書 松田哲
★★★★★インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング 金森重樹
★★★★★1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 金森重樹
★★★★★普通の人がこうして億万長者になった――1代で富を築いた人々の人生の知恵 本田健
★★★★★ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 本田健
★★★★★藤巻健史の5年後にお金持ちになる「資産運用」入門
★★★★★私の財産告白 本多静六
★★★★★タダで自宅を手に入れるスゴイ方法
★★★★投資で浮かぶ人、沈む人 松田哲
★★★★外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ 松田哲
★★★★お金の教養ーみんなが知らないお金の「仕組み」
★★★★お金の現実 岡本吏郎
★★★★28歳からのリアル(マネー編)人生戦略会議
★★★★世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
★★★★小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
★★★★ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (1)(2)(3)安間伸
★★★★仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理 ~マネーの時代を生きる君たちへ~ -原田武夫の東大講義録-
★★★★FX革命! 南緒
★★★★これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう!
★★★★幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 本田健
★★★★会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 和田秀樹
★★★★図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方
★★★★着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実
★★★★ネットの先取り商法―これから儲かるお店&会社はここが違う! 平賀正彦
★★★★なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢数希
★★★★夢と幸せを実現するお金のつくりかた 逢坂 ユリ
★★★★副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法 石川臨太郎
★★★ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ ジョージ・ソロス
★★★カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~ 岡本吏郎
★★★借金国家から資産を守る方法―資産防衛のプロだけが知っている!
★★★藤巻健史×成毛眞×松本大 トーキョー金融道
★★★お金と時間の自己投資学 和田秀樹
★★★投資リッチの告白 上条詩郎
★★★マネーの未来、あるいは恐慌という錬金術──連鎖崩壊時代の「実践・資産透視学」 松藤民輔
★★会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩
ファイナンシャルフリーを目指す!投資勉強会

■国家財政・政策・霞が関・公務員
★★★★★隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか? 北野幸伯
★★★★★構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
★★★★「学校裏サイト」からわが子を守る! 安川雅史
★★★★大変化 伊藤元重
★★★★さらば財務省!―官僚すべてを敵にした男の告白by高橋洋一
★★★★日本国債 幸田真音
★★★脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか
★★★霞が関をぶっ壊せ! 高橋洋一
★★★大英帝国衰亡史 中西輝政
★★★霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 by高橋洋一
★★★ヒラリーをさがせ! 横田由美子
★★★日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日 ベンジャミン・フルフォード
★★★燃える氷 高任 和夫
★★★官僚国家の崩壊 中川秀直
★★★世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃 スティグリッツ
★★★日本破綻―デフレと財政インフレを断て 深尾光洋
★★★解体されるニッポン ベンジャミン・フルフォード
★★★ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学
★★公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇
★★破綻寸前!? 国のサイフ 家計のサイフ 荻原博子
食糧危機Q&A 石油で作るコメ、切迫している日本の食糧危機 ≪私の試算・日本の食糧供給力は3000万人分≫
勝間和代さん講演会に行ってきました!

■仕事術・読書術・効率性
フォトリーディング講座を受講しました
フォトリーディングその後
★★★★★効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 勝間和代
★★★★★勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践
★★★★IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
★★★★2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎
★★★★決断力 羽生善治
★★★脳を活かす勉強法 茂木健一郎
★★★結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵
★★★【超】WORK HACKS! 小山 龍介
★★★本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである!
★★★READING HACKS!―読書ハック! 超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 原尻 淳一

■成功法則
★★★★★成功者の告白by神田 昌典
★★★★★非常識な成功法則 神田昌典
★★★★★夢をかなえるゾウ 水野敬也
★★★★変な人が書いた成功法則by斉藤一人
★★★★斎藤一人 人生の問題がスーッと解決する話―「好かれる習慣」「成功の口癖」…たった30秒!

■英語学習・英国大学院留学
★★★★★TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道 杉村太郎
★★★★★英単語・熟語ダイアローグ1800
★★★★★えいご漬け
audibleで英語教材学習

■精神世界・スピリチャル
★★★★★神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
★★★★★生きがいの創造 2
★★★★さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

■健康
★★★おいしいハンバーガーのこわい話 エリック・シュローサー
万歩計で歩く!

1日10,000歩のウォーキング!
二郎はラーメンではなく二郎という食べ物なのだ。

■その他・未分類
近くて遠い島(国後島上陸記)
羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に
ノートPCにも書中見舞いを申し上げます。
PanasonicのレッツノートW7(ノートPC)を注文する
John Lennon Museum(さいたまスーパーアリーナ内)
★★★★★恋はデジャ・ブ(Groundhog Day)
★★★★★Join with Us/ The Feelilng (MUSIC)
★★★紅茶を注文する方法 土屋賢二

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


先週末、前から興味があったフォトリーディングの講座を受講してきました。


■受講した講座内容 12月6.7日(2日間コース)@三鷹にて

https://www.lskk.jp/order/form/1758/?afCode=1000000001

■フォトリーディング講座受講の感想

・自己流のやり方だとわからない部分が多くあったが、

何とか使いこなせるレベルまで体に叩き込むことができた。

・ただし、今後どのような成果を出していくかは、

今後どのような目標を持ち、そして毎日の生活の中での活用次第だと思う。

(せっかく受講しても、あまり使っていない人もいるようだ。)

・資格取得の勉強の際は、参考書や問題集をフォトリーディングして

潜在意識に格納することにより、短時間で効率的にこなすことができるようだ。

・2日間の講座の中で、実際に3~4冊読み終わった(というか、処理し終わった)。

・中でも、400ページ弱の翻訳本↓で、難しそうだったので半年以上読まずに

放置していた本について、わずか60分でその概要をつかみ、

マインドマップに書けたのにはびっくりした。


3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす ローレンス・トーブ (著), 神田 昌典 (監修), 金子 宣子 (翻訳)






■自己流だとつまずきやすい点

・みかんの位置(後頭部のかなり上の方が正しいが、

自己流だと見当違いの場所を思い浮かべていることが多い)

・フォトフォーカス(ピンボケしていれば何でもOKだが、

ブリップ(=かまぼこのような重複したページ)が見えないとダメ等と思い込むことが多い)

・目的・質問設定(自分が快く思えるような、

本当に聞きたい内容を目的・質問としないと潜在意識が働きにくい)

・フォトフォーカス、1ページ1秒程度でページをめくることだけに注目が集まりがちだが、

フォトリーディングのプロセス全体からすれば

ごくわずか。それより、目的・質問設定や活性化の方が重要。


■講座のいい点

・ひとつひとつのつまずきやすいプロセスを確認しながら行うので、落ちこぼれることがない。

・新しい技術なのでいろいろ質問が生じるが、

そのつど講師に質問ができるので、安心。(私も5回以上質問している。)

・費用(10万円)、時間がかかっているので、受講者のレベルが高い。

会計士などの専門職、向上心の高い人たちが多かった。


【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


脳を活かす勉強法 茂木健一郎



評価(5段階評価):★★★


■脳を活かす勉強法 茂木健一郎(著)


いまや売れっ子の脳科学者、茂木茂木健一郎さんの著。

実は昨日から2日間のフォトリーディング講座に参加している。

(フォトリーディングについては、勝間さんの以下のブログ↓参照)

http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/point_of_view/2004/12/_1_.html


この本は、フォトリーディング講座の中で扱い、2時間程度で読み終えた。

(というか、処理し終わった。)


実際の仕事に役立ちそうな勉強法は、

1)タイムプレッシャー

 負荷をかけた勉強法、たとえば前回60分で終わったことを次回は50分でやる

 などにすることによって、負荷に対抗する脳の力が養われる


2)鶴の恩返し法

 ①早く、②大量に、③没入感(一生懸命)取り組むことで、脳が鍛えられる


3)コントロール

 難しすぎず、易しすぎないレベルの問題に取り組むことで脳の達成感をコントロールする


の3つだと感じた。

1)については、たとえば時間を区切ってレポート作成、企画書作成などの

作業を自分に課すことで短期間でのアウトプットを鍛えられそうです。


フォトリーディングの詳細や、それの仕事・ビジネスへの活かし方については

別途まとめたいと思います。



--ここから引用--

■内容紹介
勉強を始めても三日坊主で終わってしまう、集中できない、記憶が苦手だ、
などと悩む人も多い。
しかし、それらは脳の特性をうまく活かさず勉強しているからである。
本書では、脳科学の第一人者である著者が、脳の仕組みを活かした勉強法を開陳する。
脳の「喜びの回路」が一度回れば、あとは雪ダルマ式に勉強の成果が上がるのである。
著者は小学生~大学まで決して秀才だったわけでなかったが、
脳を活かした勉強法を身につけ第一線の脳科学者になりえたのである。
本書の内容例を挙げると、
◎脳は何かを達成するたびにどんどん強くなる
◎「タイムプレッシャー」が脳の持続力を鍛える
◎「瞬間集中法」で勉強を習慣化させる
◎集中力を養う「『鶴の恩返し』勉強法」
◎「モダリティ」を駆使して効率的に記憶する
◎あなたも「強化学習」の回路を暴走させて、能力を開花させることができる
等々。
子どもに勉強を身につけさせたい親や資格試験を目指す社会人まで必読の一冊!

--ここまで引用--

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。