脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか

ここでは、「脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

脱藩官僚、霞ヶ関に宣戦布告! 江田憲司ほか



評価(5段階評価):★★★


霞が関から「脱藩」した江田憲司(経産)、高橋洋一(財務)、

寺脇研(文部科学)などが起こした「脱藩官僚の会」


彼らの特徴は、役所とはきれいさっぱり手を切っていることで、

天下りや、政府の審議会委員などを努めていないので

霞が関に対して歯に衣着せぬ発言・提案ができること。


この本は特に何かを共通して提案しているというよりは、

脱藩官僚の会に参加している個人にそれぞれ思うところを

しゃべってもらったというところ。


個人的には、このような会がどんどん発言してもらうことは

霞が関にとっても有益であると思う。

どうしても、内部の者からの発言は制約があるし、

かと言って完全に外部の者からはピントのずれた提案になりがちだからだ。


この本自体は何らかの特定のテーマに基づいて書かれているわけではないので、

公務員制度改革の舞台裏などを知るには高橋洋一の本などを

別に読むとよい。(今、読んでいるところ)


---

国の政権が変わっても「霞ヶ関政権」が変わらなければ日本はは沈没する――。官僚批判が高まっているなか、かつて霞ヶ関の第一線で活躍したエリート官僚たちが、真の政治家・国民主導の政治を実現するために反霞ヶ関の団体「脱藩官僚の会」を設立。本書では発起人である8人の元官僚がみずからの霞ヶ関での体験を振り返るなかで、官僚社会の矛盾、省益のために改革を骨抜きにする組織の実態と手の内を明らかにし、そのうえで、脱藩官僚として真の改革を成功させるための秘策を公開する。

第1章 江田憲司 通商産業省脱藩・衆議院議員
霞ヶ関連合軍と全面戦争をやり抜いた男
「官僚のお家芸『改革の骨抜き』を完全阻止する!」

第2章 高橋洋一 財務省脱藩・東洋大学教授
官僚すべてを敵にした埋蔵金男
「天下りの斡旋禁止で官僚の質はアップする」

第3章 岸 博幸 経済産業省脱藩・慶応義塾大学教授
霞ヶ関にゲリラ戦で挑んだ竹中平蔵氏の懐刀
「官僚の政策独占を打ち破り、官製不況を止める!」

第4章 上山信一 運輸省脱藩・慶応義塾大学教授
地方から国を変えたい自治体の改革屋
「大阪維新に期待! 地方分権こそ霞ヶ関改革の近道」

第5章 福井秀夫 建設省脱藩・政策研究大学院大学
行政の手口を知り尽くした政策通
「エリート主義が破綻した霞ヶ関を国民目線の集団に変革せよ!」

第6章 寺脇 研 文部科学省脱藩・映画評論家
タカ派文教族に敵視されたゆとり教育の旗手
「『まともな抵抗』ができない役人たちに頭のいい交渉の仕方を教えよう」

第7章 木下敏之 農林水産省脱藩・IT企業役員
抵抗勢力と戦い、改革を実現した元佐賀市長
「国の人事制度を変えれば税金の無駄遣いは簡単になくせる」

第8章 石川和男 経済産業省脱藩・新日本パブリック・アフェアーズ上級執行役員
規制緩和に心血を注ぐ「脱落官僚」
「霞ヶ関からは出て来ない『当たり前』の政策を発信する!」

設立趣意書「CHANGE! 官僚国家日本」

緊急アピール「官僚諸兄へ……率先して自らの身を切れ!」

---

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/106-ba41ca04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。