結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵

ここでは、「結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵



評価(5段階評価):★★★



■結果を出して定時に帰る時間術 小室 淑恵



ワーク・ライフバランスとは、言葉ではわかったつもりでも、

染みついてしまった習慣で、ついつい非効率な残業をしてしまうもの。


著者の小室氏は、いずれ日本社会のほとんどの人間が、

ワーク・ライフバランスを真剣に考えなければいけない状態になる、という。

すなわち、①女性の労働力をうまく活用できなければ、日本経済の成長はなく、

②団塊の世代が70~80代になる10~20年後には、多くの方が介護に携わることになる、

からだと言う。


そうでなくても、早く帰って心身を休め、翌日リフレッシュした頭で

仕事に取り組んだ方が効率的にこなせることは確実だ。



本書では、

・平日夜、人と会う約束を作る

・平日夜、セミナー等の予約を入れる

・後輩に仕事を任せる

・上司に「おかげさまで」仕事がうまく進みましたと報告することで、帰りやすくする

などの方法によって、結果を出して定時に帰る方法を説く。


ついつい、「定時に帰れない理由」をいろいろと探してしまいがちだが、

多くの場合、個人の決意次第で残業を減らすことができる。

(もちろん、全ての場合ではない。)

もっとも、ローンや教育費の負担が大きい場合、残業代が減ることになるので

残業自体もなかなかやめられない、ということはあるだろうが・・


---
内容(「BOOK」データベースより)
「一日24時間じゃ足りない!」「もっと時間があれば…」ちょっと待って!本当にそう
でしょうか?どんなに時間がたくさんあっても、充実していなければ意味がありませ
ん。むしろ時間がたくさんあったほうが、うまく使うのは難しいのです。限られた
時間を有効に使って、あなたの「人生の時間」を、もっと充実させましょう。
---

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/03(水) 00:56 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/116-b89d4799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。