羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に

ここでは、「羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生、50年に1度の大逆転 将棋名人戦2勝1敗に(朝日新聞)

----

9日朝から福岡市のJALリゾートシーホークホテル福岡で指し継がれていた第66期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第3局は午後9時39分、挑戦者の羽生善治二冠(37)が森内俊之名人(37)を164手で破り、シリーズ成績を2勝1敗とした。敗勢の挑戦者が粘りに粘り、歴史に残る大逆転劇を演じた。持ち時間各9時間のうち、残りは名人1分、挑戦者5分。第4局は20、21の両日、名古屋市で。
http://www.asahi.com/shougi/news/TKY200805090266.html

----

将棋界の七冠(名人、竜王、棋聖、棋王、王座、王将、王位)を全て独占するという

史上初の快挙を成し遂げてからはや10年以上。

羽生さんはそれ以降も無冠になったことがなく、今でも棋界の第一人者であり続けている。

その羽生さんが、名人戦(むかしは毎日新聞社主催だったが今は朝日との共催)の

挑戦者となり、現森内名人に挑戦している。


記事は1勝1敗となってからの第3局で、粘りに粘った羽生が大逆転を収めたというもの。

(私は勝負の行方を昨日仕事中もネットニュースで注目していた←不良サラリーマン)


私自身は「下手の横好き」だが、将棋は見るのもやるのも好きだ。

棋士の中では、やっぱり羽生さんが一番好きである。

なんといっても強くて、どんな戦型でも指しこなすオールラウンダーというところに

惹かれる。


とにかくこのニュースを知ってYoutubeで棋譜を探してみたが、

さすがに出てこない(というかテレビ中継もしていないから当たり前か)ので、

あきらめて他のビデオを探したら、NHK杯戦のとんでもない逆転劇や

今年3月にテレビ放映された「プロフェッショナル」が見つかったので

飽きもせず魅入ってしまった。

(通常このような優良番組は見逃さないが、我が家にはテレビがないので仕方が無い。

でも、テレビがなくても今日のようにYoutubeがフォローしてくれることがわかったので

ますますなくても十分と思うようになってしまった)


最近の羽生さんは勝ちにこだわるより、将棋というゲームを究めようとしているように見える。

今後もますます目が離せないことは間違いない。

(でも、個人的にはやっぱり勝ちにこだわって名人位に復帰してほしい)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/16-74aa6d01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。