【書評】さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

ここでは、「【書評】さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

評価(5段階評価):★★★★


原著はドイツ人Eckhart Tolleですが、「生きがいの創造」シリーズの飯田史彦先生が

監修されています。


瞑想をするとよい理由がわかってきた気がします。

人は不安や恐れに囲まれて生きています。

しかし、その不安や恐れは、「思考」が作り出しているものであり、

パターン化された行動様式に支配されてしまっています。

それに気づき、それらのネガティブな思考を「手放す」ことができれば、

不安や恐れを抱かずに生きられるようになる。

それが即ち「悟り」であり、生きるエネルギーを感じられる方法である。

それがこの本の原題である、 The Power of NOW,つまり「今に生きる」ということである。

気づくと自分でもくだらないという考えが頭の中を堂々巡りしたり、

怒っても仕方のない(解決しない)場面で怒りを発したり、

不安に思っても仕方のない(解決しない)ことに対して恐れを抱いたり、

そんな経験誰でもあるはず。


この本は、そういったネガティブな思考を解きほぐし、

今に生きる方法を 教えてくれます。


人生がうまくいかない、けれど本気で何とかしたいと思っている人が

読めばすごく為になると思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/28(水) 13:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/26-17b8975e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。