【書評】大英帝国衰亡史 PHP文庫 中西輝政

ここでは、「【書評】大英帝国衰亡史 PHP文庫 中西輝政」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大英帝国衰亡史 PHP文庫 (PHP文庫)

評価(5段階評価):★★★


イギリス入りするのをきっかけに、思い出して日本をでる直前に買って読みました。

てか中西先生は(指導教官ではなかったものの)何度か講義を受けたことがあります。

この先生試験に遅れてきたことがあって、試験時間が短くなってしまったことがあって、

それに抗議したら出来の良くなかった答案の合格点がもらえたということがありました。


それはさておき。


衰亡を迎えた国家が今なお保持している伝統とパワーとは何か、

そこから何を学ぶべきかという観点から読み進めました。


イギリスの近代史を概観でき、かつ微妙にレトリックが利いてるので読み物としても面白く、

さらっといけます。


とっかかりとして最適であると思います。

さらにイギリスの歴史の深みを感じてみたくなりました。

この本に加え、1970年代以降のサッチャー、メージャー、ブレアの頃のリバイバルした

イギリスを押さえておくと、大体の流れがつかめるのではないかと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/27-7e47bca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。