2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎

ここでは、「2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

2分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる! 吉越浩一郎

評価(5段階評価):★★★★


トリンプインターナショナルを18年連続増収・増益に導いた吉越浩一郎社長による著。

早朝会議を活用したスピード経営で知られ、他にも何冊も関連書籍が出ている。

同社では、毎朝8:30から課長以上の幹部全員出席のもと、

1案件2分のスピードでどんどん意思決定を行っていく。

これを可能するには、各案件を担当する者の事前準備が欠かせない。

吉越社長からどんなに突っ込まれても可能になるように、

あらゆる質問に準備しておかなくてはならない。

そして、あらゆる案件について、基本的にデッドラインは翌朝の早朝会議まで。


このようなやり方はキツすぎてついていけない、と思うだろう。

私も正直ここまでは自分の会社ではできないな、と思ってしまう。

ところが、トリンプは「残業全面禁止」なのだ。

無論、主として女性用下着などを扱っている会社なので、女性社員を大切に

するためにということもあるだろう。

それにしても、残業禁止というのは極端だ。


しかし、残業なんかしなくても、日々の業務をスピードアップさせることで

普通以上の、いや卓抜した業績を上げることができている。


実はわが社でも「超過勤務・残業の縮減」は大きなテーマで、

最近は原則水・金曜日は定時退庁デー、それに加え

各部署で月に1日は「完全定時退庁日」を設けている。

しかし、トリンプのように時間になったら電気が消えてしまうとか

いう工夫をしていないから、仕事が残っていれば相変わらず残業してしまう。


残業を減らすために個人の単位でできることもあるが、

根本的には仕事のやり方を全面的に改めないと何も変わらない。

その観点でヒントになる本ということは確かだ。






他に私が読んだことがある本もついでに挙げておく。

「残業ゼロ」の仕事力


デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)

【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/50-1fa3d468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。