ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (1)(2)(3)安間伸

ここでは、「ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (1)(2)(3)安間伸」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る


(1) ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇

(2) ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇

(3) ホントは教えたくない資産運用のカラクリ (3) 「錬金術入門」篇


評価(5段階評価):★★★★


この本は、友人のnatural waveさんからご紹介いただいた本。

早速全3冊を注文し、読んでみました。


著者はトレーダーなどを経て、ファンドマネージャーの安間伸氏。


実はこの本は(1)が一番難しい。

というのは、(1)が述べているのが税制度だからだ。

そして、日本の投資税制は、非常に複雑だ。

私もFX(為替)や株の経験があるが、いろんな制度がごちゃまぜになっていて、

わかりにくいことこの上ない。

しかし、税制をきちんと理解しなければ投資利益を上げてもほとんど儲からないことも事実。


(2)は投資の話、「高金利通貨はオトクというウソ」などが勉強になる。

「日本がええじゃないかダンスを踊る日」も、預金封鎖などの政治リスクを

面白く伝えてくれている。


(3)はビジネスの話。裁定取引の仕組みが、すっきり頭に入る。


具体的な投資銘柄がわかるわけではないが、(そもそもそういう本は本が出た時点で

世間に情報がオープンになってしまうので、意味がなくなってしまうのだが)

投資の根本的な仕組み、儲けの源泉を勉強したい人には格好の教材と言える。


それぞれの本は完結しているので、(2)か(3)から読んで、

最後に(1)を読むという読み方も悪くないと思う。









【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ども、お久しぶりです。
勇気、元気、猪木です。
(`Д´) シャ、この野郎!


さて、思いつくままにおすすめしてしまった、
【資産運用のカラクリ】シリーズを読んでくれてありがとうです。
③に書かれている裁定取引は、当たり前のことかもしれないけど、
経済活動の基本的なことなので、なかなか面白かったのではないかと思っています。


こちらはoldyorkerさんの人生を変えた本に書かれている、
【生きがいの創造】シリーズを、遅ればせながら1~3まで読みました。

HowTo本かと思って読んでみたら、なんとスピリチュアルな本。

20代の僕なら非科学的なものに近いものは『ポイっちょ』とごみ箱行きになるとこでしたが、
許容することを覚えた30代の僕には、割とスーッと受け入れられました。


読んで見て考えさせられたことは、自分の行動の源泉と成長についてです。


うまくは言えないですが、行動するには、何か大きな力(動機、意志、情熱)がないと、
なかなか動けないな思っていたところ、
今の自分や起こっている現象は、理由があって存在していると考えると、
何かしら前向きな方に(主体的に)、行動する力が働くのだなということが学べて良かったです。


あとは、この世を修行の場と考えて、生きてる間は自分を成長させ続けるということに共感しました。
少しずつでも、自分が成長して、みんなをhappyにできる人になれたら良いですね。



(*^ー^)<実用書ばかりでなく、たまにはこういう行動の基になる(自分の意識に働く)
     本を読むのもいいですねぇ。。


では!





2008/06/18(水) 00:40 | URL | natural wave #-[ 編集]
【資産運用のカラクリ】シリーズご紹介いただきありがとうございました。

おぉ!

生きがいの創造読みましたか~

>20代の僕なら非科学的なものに近いものは『ポイっちょ』とごみ箱行きになるとこでしたが、
許容することを覚えた30代の僕には、割とスーッと受け入れられました。

いやいや、素晴らしいですね。

僕は最近は科学的・非科学的うんぬんに関わらず読みたい本を読みまくっています。

「そんなこともあるのかな」と思っていると全然負担にならない。

自分でそれを試してみて、間違っていれば「自分には合わなかった」として捨ててしまえばいいしね。

お金持ちから始まる物質的な豊かさと、生きがいの創造のような精神的な豊かさがどのように融合できるか。

これができるのが日本人だと思っています。少しずつ真理に近づいて、修行していきたいと思います。
2008/06/18(水) 06:31 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/51-cdd6a8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。