幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 本田健

ここでは、「幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 本田健」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫) 本田健

評価(5段階評価):★★★★


「ユダヤ人のお金持ち」シリーズ本田健さんの最新作。

この人は「癒し系お金持ち(?)」と言われているほどなので、

その語り口は常にソフトでやわらかい。

沢山本を出しているが、どの本も外れがなく、しかも肩肘張らずに

読めるので、おすすめです。


この本で一番面白かったのが、「5つの収入の壁」。

本田健さんは、以下の5つの壁があると言います。


・年収200万円 日雇いやアルバイト

・年収600万円 安定した会社員

・年収1000万円 周囲の人より、はるかに多くのサービスを提供できる人 部下をまとめるチームスキル、セールス力、発明や開発

・年収3000万円 日本人口の数% 卓越した知識、人格、情熱が必要

・年収1億円 才能に恵まれ、ここぞというときに勝負を挑み続ける人


大切なのは、最短でお金持ちになろうとしないことだそうです。

ひとつずつ壁を突破して、ゆっくりお金持ちになること。

たとえば600万円→1000万円へは、

・日常的にやっていることのなかで、楽しんでいること、楽しめそうなこと

を探す。

本田健さん曰く、その周辺に、あなたの報酬を上げる鍵があるそうです。

会社が喜んでもっとお金を払いたいと思うようなスキル、能力を身につけること。

これを着実にやっていくと、600万円の壁は突破できると言います。

これは会社内でのスキルに限られませんので、好きなことをブログやHPなどに

表して、アフィリエイトやノウハウの販売することなども含まれるでしょうか。



---
幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫) 本田健

第1章 幸せな経済自由人のマネーセンス
第2章 幸せな経済自由人への入口
第3章 幸せな経済自由人のお金の稼ぎ方
第4章 幸せな経済自由人のお金の殖やし方
第5章 お金持ちになって幸せになる人・不幸になる人




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/80-d219d36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。