ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学

ここでは、「ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学

評価(5段階評価):★★★


ベンジャミン・フルフォード氏の著作を読むのはこれで何冊目になるだろうか。

本作は、氏の新刊本。


だいたい、この人の言いたいことがわかってきた。

米国の金融資本の大本山はロックフェラー、ロスチャイルド家ら。

彼らは中央銀行を牛耳ることで世界を牛耳っているとする。

そして、日本については(お決まりの?)財政破綻懸念を述べている。


「経済学」とタイトルが付けられているが、週刊誌の連載記事のようにさらっと読める本。

いわゆる「陰謀論」と真実の境目のような論調なので、

「こういうこともあるのかもしれない」というスタンスで一度頭に入れておくとよいのかもしれない。


---
内容紹介
いま、戦争・石油・ドルの時代が終焉を迎え、金融資本が「次」のターゲットを目指して動きはじめた。
真の「経済的自由」を手にするために、
われわれは何を知り、どう考え、どう行動すべきか――。
教科書には決して書かれていない経済・金融のカラクリを解き明かし、幸福な未来への処方箋を緊急提案!

経済学の根本は、ある空間のなかにある資源をどのように分け合うかということだ。広大な宇宙空間に地球という小さな丸い石が浮いていて、その丸い石のなかに空気や水や土地や鉱物があり、人類を含む動植物が存在している。ここで人類を中心として考えたときに、空気や水や土地や動植物という限られた資源を、どのように配分すべきかを考えるのが本来の経済学だ。……強い人間が弱い人間を殺して資源を独占するか? それとも、みんなが資源を分け合って平和に暮らしていくか? こんな究極の選択肢がいま提示されている――。(本書より)

著者について
ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン/Benjamin Fulford):
1961年カナダ生まれ。外交官の家庭に育ち、19歳で来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大を卒業。「日経ウィークリー」記者、米経済紙「フォーブス」のアジア太平洋支局長を経て、現在はフリーランス・ジャーナリストとして活躍中。2007年に日本に帰化し、カナダ系日本人となる。イラン国営通信PressTV日本特派員。「週刊SPA!」など連載多数。著書に『ヤクザ・リセッション さらに失われる10年』(光文社)、『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』(同)、『イケダ先生の世界――青い目の記者がみた創価学会』(宝島社)、『暴かれた9.11疑惑の真相』(扶桑社)など多数





【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/85-57900c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。