タダで自宅を手に入れるスゴイ方法

ここでは、「タダで自宅を手に入れるスゴイ方法」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

タダで自宅を手に入れるスゴイ方法

評価(5段階評価):★★★★★



もし、住宅ローンの負担を負わずにマイホームが買えるとしたら?



このような夢を実現させる方法を記した本。

発想は簡単で、


1)住宅ローンを借りる。

2)空き地を買う。

3)2階建ての一軒家を建てる。

 2階部分はたとえば25m2のワンルーム×2を作る。

 1階部分は50m2の2DKか2LDK程度とし、1階に住む。

4)2階部分を他人に貸して賃貸料を得る。


この方法のポイントは、「住宅ローン」を借りることにある。

住宅ローンは、あらゆる借金の中で最も金利が低く、優遇されたローンである。

しかし、当然ながら投資用物件には貸してくれない。

自宅部分が50%は無ければ「住宅」とはいえないからだ。


この方法はそれをクリアしつつ、半分を他人に貸すことで家賃収入を得て、

住宅ローン負担を無し(または軽減、または儲け)とする。

たとえば毎月のローン負担が15万円として、ワンルームを1部屋7.5万円で

貸せば住宅ローン負担はゼロである。


この方式のデメリットはもちろんある。

当たり前だが、2階部分は自宅として使えない。

家族の理解がなければとても建てられないだろう。

また、建てる地域を選ばないと住む人が出てこない(貸せない)かもしれない。

それに、玄関を複数作るし、バスルームも複数作るから、建築費用がかさむ。


しかし、自宅の必要サイズというのは子どもの成長によって変わるから、

子どもが受験勉強などを始める高校生くらいになれば、

2階に住んでいる人を追い出して、自分の子どもの勉強部屋に充てることもできるだろう。

子どもが小さいうち、また子どもが成人して出て行けば2DKくらいでも十分ではないだろうか。


私はこの本を読むまで、マイホームと投資用物件は完全に区別して

考えていた。

そういう意味で、目からウロコが落ちた本である。

なお、本の中に幾つか事例が出てくる。

この本以外に、「収益マイホーム」を論じている雑誌や本を見たことが無い。

おそらく、このコンセプトに関しては現時点で唯一の情報源と思われる。


なお、著者は泉正人氏が代表取締役を務める日本ファイナンシャルアカデミー。

泉正人氏は不動産屋ではなく、投資家で、マネーがらみの本を幾つか書いている。

他の泉氏の著作もおすすめ。

(私がこの本に出会ったのは他の泉氏の著作からの孫引きである。)




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/88-afeca4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。