会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩

ここでは、「会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩


評価(5段階評価):★★


著者は、証券会社などを経てファイナンシャルプランナー会社を立ち上げた

中桐啓貴氏。


感想は以下のとおり。


・この本でいう「ハイブリッド社員」とは、

会社員でありながら株式投資などを行う者をいうらしい。


・複利投資を強調しているので、デイトレなどは否定し、

超長期(5年~30年以上)の株式(投信含む)投資を推奨する。


・株式に関する説明は、わかりやすい。

ただし、ある程度知識がある人にとっては退屈と思われる。


・株式相場は全体が成長する市場で、

為替などはゼロサムゲームというのはそのとおり。

しかし、日本の株式市場はバブル崩壊後約20年にわたって低迷している。

20年は十分に長期であるので、長期投資が必ずしも

実を結ぶとは限らないのではないか。


・株式に関しては、定価=現在価格、

原価=1株あたり純資産(BPS)と言い切るあたりは新鮮。


・内容が平易なため、あっという間に読み終えるが、

多少なりとも知識がある方には物足りないだろう。





【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/89-4fa6b757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。