図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方

ここでは、「図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

図解でわかる海外ETFのかしこい儲け方

評価(5段階評価):★★★★


著者は、経済ジャーナリストの岩本秀雄氏。


ポイントをメモすれば、以下のとおり。


・海外ETFを取り扱う証券会社が増えている。最大手は楽天証券。


・ETFとはExchange Traded Fundの略で、上場投資信託のこと。

流動性が高く、リアルタイム価格で売買できる。

もちろんオンラインのみでの取引が可能。


・ETFはほとんどの場合、ダウ工業株平均など、何らかのインデックスに

連動するパッシブ型で運用報酬が低めの低コストの設定。


・海外ETFは米国ダウとの連動、ヨーロッパ株式市場との連動、

新興国株式市場との連動型などがある。


・海外ETFではないが金ETFという金価格に連動したETFもあり、

東京証券取引所で20年6月より取引可能となった。野村證券で扱っている。


・ETFは種類が沢山あるので、全貌がつかみにくい。

(個別の証券会社から調べないといけない。)巻末の海外ETFリストは、

便利。




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/90-92312e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2008/08/30(土) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。