着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実

ここでは、「着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実

評価(5段階評価):★★★★


・著者は陳 満咲杜(ちん まさと)氏。


・為替は徹頭徹尾「テクニカル分析」との持論の持ち主。

短期を読むにはテクニカル分析が王道であることを主張する。


・特に、「テクニカル」にあわせて「ファンダメンタルズ」の材料が出てくる、

つまり「テクニカル」が主で「ファンダメンタルズ」が従であるとする点は興味深い。


・テクニカル分析により円高やユーロドルの際限なき上昇を予想したと強調。


・安易なスワップ派、円売り派を否定する。


・氏は法律上実際の「為替取引ができない」とかでバーチャルなポートフォリオを

公開し、含み益が出ていることを強調。

(しかし、為替取引ができないのは何法なのだろうか??)


---
内容紹介
「着物トレーダー」とは、元々アメリカの雑誌が日本人の 奥様投資家を表す際に用いた言葉である。 それが今では特殊な売買(よくない意味で)をする日本人の 傾向を揶揄するのに使われるようになった。 相場の勝者になるためには、相場の本質を正しい アプローチ手法で捉えなければならない!! 「FXを始めたけど勝てない!」サブプライム問題で、 大きな損失をこうむった人も少なくないはず。 一年以上前から現在の「円高」を予告してきた異色の「ガイジン」 アナリストが語る「具体的な成功法」とは? 相場で生き残るための「プロの戦略」が満載。

著者について
92年、所持金5千円で来日。生活費と学費をバイトでまかない、親への仕送り以外に貯めたお金で大学2年の時から株投資をはじめ、中国新規事業資金を募る「ベンチャー」にも「出資」したが、大損。兜町のベテランに弟子入りして再出発をか ったが、日経指数の下落と共にほぼ全財産を失う。それをきっかけに100冊以上の投資関連の本を読破、300を超える銘柄のチャートを手書くなど猛勉強、端株投資から再起を果たす。 その後中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。トレーダーとして毎日相場を20時間も張り、9.11も含め、数多くの修羅場をくぐった。為替相場の本質を迫る独自のアナリシス手法を確立、アナリストとして脚光を浴びる。日本、中国、台湾地域など飛び回り、年間20回を超えるセミナーの講師を務め、定評のあるテクニカル分析と鋭い相場感で名を馳る。 日本テクニカルアナリスト協会検定会員。 ブログ「陳満咲杜の為替の真実」




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/91-aee79f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/08/20(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。