なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢数希

ここでは、「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢数希」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

評価(5段階評価):★★★★


著者は欧米で計算科学博士号を取得後、

外資系投資銀行にクオンツ※として就職した藤沢数希氏。


※数学者や理工系から金融に飛び込み、計量モデルを駆使した金融工学をマーケット
に適用する人たち



この本のひとつの論点は、最高の教育を受け、

高給取りのエリートが運用するファンドが、

何も頭を使わない株価平均などのインデックスファンドの運用利回りに

負けてしまうのか、という点である。


これに対する氏の考えはきわめて明快で、


・市場がきわめて効率的なため、「割安な」株価など一瞬のうちに修正されてしまうので、

「割安な」(または「割高な」)株を見つけるのは、プロと言えども至難の技である


・インデックスファンドは敏腕トレーダーを雇う必要もなく、リサーチも必要ないから、

運用コストがほとんどかからない。エリートが運用するアクティブファンドは

ファンドマネジャーへの高給支払いなど、コストがかかるので、その分だけ運用

利回りに影響する。

(つまりコスト分だけは間違いなくインデックスファンドに負ける)


というわけで、インデックスファンドへの投資で十分とする。

私もこの考えには賛成で、

余分なコストを負担してまでアクティブファンドで運用するだけの

リターンが得られないと考えているので、

投資するならインデックス型のファンドがETFと決めている。




---
出版社/著者からの内容紹介
■外資系投資銀行マンで人気ブロガーの著者による、異常に率
直なマネー入門書■


本書は、外資系投資銀行マンで人気ブロガーの著者による、まったく新しいタイ
プのマネー入門書です。知性とユーモアをスパイスに、軽快かつシニカルな文章
で人生とお金の関係を、超率直に、身もフタもなく解説していきます。読んだ方
には、世界でたったひとつしかない、お金持ちになるための「正しい方法」を身
につけていただくことが可能です。
投資マニアでもなんでもない普通のひとが、人生においてお金とどう付き合って
いくべきなのか----仕事、家、教育、借金、投資についてどう考えたらいいの
か? そして、それらの背後にはどんな理屈があって、どんな戦略をとるべきな
のか、といったことを、やさしく楽しく身もフタもなく解説します。著者の藤沢
氏曰く「プロの言うことは当てにならない」。
ではどうすればいいのか? ノーベル経済学賞に基づいた、世界でたったひとつ
のお金持ちになるための「正しい方法」をプロ中のプロが伝授します。
(編集担当:加藤)

内容(「BOOK」データベースより)
日本人は、お金のことを知らなさすぎます。お金の世界では、世界中の秀才達がネ
ギをしょったカモを手ぐすね引いて待ちかまえているのが現実です。家、教 育、保
険、投資…人生で突き当たる難問をどうしたらいいのか?現役外資系投資銀行マンの
著者が、やさしく、楽しく、身もフタもなく解説します。

内容(「MARC」データベースより)
家、教育、保険、投資…。人生で突き当たる難問をどうしたらいいのか? 現役外資系
投資銀行マンの著者が、やさしく、楽しく、身もフタもなく解説し、お金と人生の
不思議な関係を教えます。人気ブログ『金融日記』の書籍化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
藤沢 数希
国内の某大学理数系学科を卒業後、欧米の研究機関にて計算科学の分野で博士号を
取得。世界的なジャーナルに多数の学術論文が掲載される。欧米の大学院でし ばら
く教鞭についた後、某外資系投資銀行にクオンツとして就職。現在、国内外のヘッ
ジファンド等のクライアントや社内のトレーダーのために、金融工学を駆 使した計
量モデルの研究・開発に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載
されていたものです)




【oldyorkerの終わりなき旅】 トップページに戻る

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕もこの本を読んでから、インデックス型のファンドかETFに投資することを学びました。

最近は更に別の本から、『では、どのマーケットのインデックスに投資すればよいか?』
との問いに、『世界全体のマーケットに投資する』ことが良いことを学びました。

ということは、世界の株のマーケット規模に対する日本のマーケット規模は15%程度らしいので、
あくまで株という資産に限りますが、大半は海外資産になるということなんでしょうかね。。

(´Д`)<わかんないから、まだまだ勉強だな。。



あ、ブログのコメントに非常にパーソナルなこと書いて申し訳ないんですが、
☆4つどうもありがとう!

では!
2008/09/06(土) 10:23 | URL | natural wave #-[ 編集]
よい本をご紹介、ありがとうございました!

私は今の時期為替がやはり有望だと思っていますので外貨預金代わりにFXで先進国通貨で運用、これが80~90%のポートフォリオを占めます。

残りで金ETFや新興国のファンドかETFかなと思っています。(先進国は為替でカバー)
2008/09/07(日) 07:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oldyorker2007.blog119.fc2.com/tb.php/95-1ee68790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。